医療法人社団一心会 初富保健病院

理学療法

理学療法について

理学療法は、起きる・座る・立つ・歩くといった、人間の基本的な動作の再獲得や維持のお手伝いをいたします。また、スムーズな運動のために、温熱を使用したり、関節運動、筋力強化、運動促通を実施しております。

リハビリテーションセンターは、オープンスペースで、明るく広々としております。訓練は、センターだけでなく、病棟でも定期的に実施されます。
理学療法士だけでなく、他のリハビリのセクションとの合同訓練も行っております。レクリエーションも積極的に取り入れており、患者さまが楽しんで運動して頂けるように工夫しています。

理学療法士

運動や動作訓練は、痛みや苦痛、労力を伴い、「辛くて苦しいもの」「我慢するもの」と思われがちです。しかし、私たちは、行動分析学的手法などを用いて、楽しく、やる気や活動性を促進し、患者さまの持っている能力を最大限に活用できるような理学療法を目指しています。また、認知症や高次脳機能障害を合併した患者さまにも、拒否なく動作訓練ができる手法を用意しております。更に、各疾患の特性に合わせた理学療法が実践できるよう、日々研鑽をしております。

維持期のリハビリテーションは、生活の場で基本的な動作が活性化されることが大切です。無理なく、楽しい病棟での生活の為に、私たちは、常に各病棟と連絡を密にしております。介護の方法、福祉用具の活用、選択も含めて、生活場面での問題を解決しながら理学療法を進めています。

当院の理学療法の特徴

認知症や高次脳機能障害の患者さまへの理学療法

認知症や高次脳機能障害の患者さまへの理学療法認知症や高次脳機能障害の患者さまへの理学療法

拒否なく動作訓練ができるよう、長期的なプログラムを計画します。
また、患者さまに安心感をもってもらうよう配慮しています。原則、同じ療法士が担当することで、患者さまのちょっとした体調や精神的な変化にも気が付きやすく、状況に応じて、訓練を変更します。患者さまのみならず、ご家族とも信頼関係が生まれ、より拒否なく動作訓練を行うことができます。

ロイヤル館 長期療養の理学療法

ロイヤル館 長期療養の理学療法ロイヤル館 長期療養の理学療法

長期療養している患者さまは、ある目標に向かって、継続的に取り組むことができます。
寝たきりの患者さまの第一目標は、リクライニング車いすに乗るようになること。リクライニング車いすに乗れたら、次は車いすに乗ること。
車いすに乗れたら、車いすのまま、ロイヤル館庭園を理学療法士と一緒に散歩します。
ロイヤル館庭園は、四季折々の草花があり、季節感を楽しんでいただけます。
満開の桜の下で動作訓練を行うこともあります。
また、このように離床ができなかった人が車いすで離床し、姿勢が改善したり、必要に応じて、言語聴覚士が介入することで、経管栄養の患者さまが口から食事が摂れるようになることもあります。
日々の小さな復活を積みかさねられることが当院の長期療養の特徴です。

機器を用いた歩行訓練

機器を用いた歩行訓練機器を用いた歩行訓練

アンウェイ、トレッドミルというリハビリ器具を使用することで、歩行能力の向上を図ることができます。介護療養病床、介護医療院において、同設備がある施設は少ないと思われます。維持期の患者さまにおいても歩行リズムの再構築、歩行持久性の改善、少ない介入で歩行成功体験ができます。成功体験を積み重ねることで、意欲の向上にもつながります。

部門のご案内
Departments

医療法人社団一心会 初富保健病院

トップページ
お知らせ一覧
イベント一覧
採用情報一覧
院長室より
初富保健病院について
院長挨拶
基本理念
概要・沿革
フロアマップ・院内施設
外来のご案内
外来の流れ
診療科のご案内
外来診察予定表
入院のご案内
医療療養病棟について
地域包括ケア病棟について
医療福祉相談室について
部門のご案内
看護部
リハビリテーション部
画像連携センター『こころ』
カルナコネクトのご紹介
初富健診センター『なごみ』
健康診断のご案内
在宅支援のご案内
訪問診療部
訪問リハビリテーション
通所リハビリテーション
初富訪問看護ステーション
交通のご案内
送迎バス時刻表
送迎バス乗り場への順路
採用情報
看護部スタッフからのメッセージ
福利厚生について